アパレル店員のインデックス投資

普通の人が必死にインデックス運用してる様子

相場のテンションを数値化【Fear & Greed Index】

f:id:pucchix3:20190310115459j:plain



どうもプッチです。


最近相場は上がったり下がったり。



2018年以降インデックス投資は利益の出にくい相場だ。


積立投資はそういうのに振り回されずに愚直にやることで、最終的にリターンを出すので特に気にすることでもない。



2018年の秋から年末にかけて、株式相場は世界中で大きな下落があった。


僕はラッキーなことに、その下落を予想出来た。


ラッキーなことに2018年10月には、株式型の資産を全て現金化していた。


そして2018年12月にレバレッジETFを買い付けした。


投資金額がそこまで大きくないので、爆益とまではいかないが利益率はこれまでで一番大きかった。





予想出来た理由を書いたら「マグレだ」と言われるかもしれない。



予想出来た理由としては、相場変動のシグナルがいくつか点灯したからだ。



僕が確認するシグナルは、いくつかある。



大体それらが複数点灯した時だけ、短期や中期の売買を行い利益を上げる。


勝てると強く思える取引しかしたくない。
その為のシグナルや指標の観測をしている。



そのうちの1つの指標を紹介する。



それが『Fear & Greed Index』だ。



これがあると相場が過熱状態なのか、悲観状態なのか分かると言われている。



Fear & Greed Indexとは

f:id:pucchix3:20190310101759p:plain
Fear & Greed Index

言葉の意味からいくと

Fear=恐怖

Greed=欲望

Index=指数

恐怖・欲望指数となる。

日本で同様の指数があったとしても絶対違うネーミングになるなw

上図の画像は2019年3月10日時点のもの。

現在は数値が「55」と表示されている。
ここから相場が上がるのか下がるのか、投資家が方向を探っている状態だろう。


数値は0〜100の間で推移する。0以下または100以上にはならない。

あくまで傾向とされているが

数字が大きいと相場は過熱状態であり、そこから株価の大きな上昇は見込みにくい。

数字が小さいと相場は下落時である傾向にあり、そこから大きな下落は起きにくい。

ポイント

  • 相場の過熱度、悲観度を数値化している
  • 買われ過ぎ、売られ過ぎの度合いが掴める

Fear & Greed Indexの計算方法

こういった数値の導き方を見てみる。

以下の通り。

  • 株価モーメンタム: S&P500 対 MA125(株価の移動平均線からの乖離)
  • 株価の強さ: 52週間の最高値と最安値を更新した株式数 (ニューヨーク証券取引所)
  • 株価の幅: 上昇している株、下落している株の銘柄数
  • プット コール オプションズ: プット/コール オプションの取引量の割合
  • ジャンク債の需要: 投資適格債( investment grade bonds)と、ジャンク債の利回りの差
  • 市場のボラティリティ: VIXの数値
  • 安全地帯の需要: 株式と債券のリターンの差


上記の7つの要素によってFear & Greed Indexは算出される。

この7つのそれぞれは、別に理解しないでもいいと思う。




要するに


株価が平均からどれだけズレているか。
株価と債券のバランス。
オプション取引の状況から相場予想の傾向を掴む

こんな感じの要素を引っくるめて数値化している。



僕はこの数字を売買の時に、参考にすることがある。



過去の推移

f:id:pucchix3:20190310105141p:plain

このグラフは現在から過去3年の長期チャートとなる。

2018年を振り返ると2月のVIXショック、10月と12月の貿易戦争などの影響からくる世界同時株安などがあった。


Fear & Greed Indexを見てみると、それぞれの下落時には10付近まで数値の低下が発生しているのが分かる。


ちなみに2018年秋頃に日経平均株価は¥24,000台となっていた。
今よりも大きく高値だ。

僕が秋に保有銘柄を手放した理由の1つに、Fear & Greedの指数が80付近になったからというのが1つの理由だ。


もちろん他にもいくつかのシグナルを併用して、売買を決めたがこれも決め手の1つだった。


常に0〜100で推移する。

20以下は買い場。

70〜80以上は売り場。

そういった傾向が見えると捉えている。

確認方法

money.cnn.com

このリンク先のHPで確認できる。

海外リンクで英語ではあるが、一番上のメーター見れば数値の確認は一瞬で済む。

ずっと見てると自動広告が再生されてちょっとウザい。。


Fear & Greed指数を活用する

f:id:pucchix3:20190310120605j:plain

数値は100が最大、0が最小。

ポイントだけいうと

数字が極端に偏っている時にインしろ。

ということ。


例えばETFでも投信でもこの指数が小さいときに購入することで、割安時に購入しやすくなる。


逆に積立投資であっても、Fear & Greed指数が70〜80以上の時に買った分は短期的に下落しやすい。


長期で見れば上がるかもしれない。


そうだとしてもFear Greed指数が30以下の時だけ積立をする積立投資家などがいたら、結構パフォーマンスは高くなる気がする。



他にもVIX指数などの取引でも使えるだろう。


Fear & Greed指数が20以下になったらショート入れるチャンスと見れる。
10以下なら多くの場合で大チャンスだ。


あまりにもシンプルな活用の仕方だ。


数字見て20以下なら買い。
10以下になったら買い増し。

70付近ならポジションを軽くするなどの利確をすべきだろう。
90以上ならVIなどのロング保有を検討していいだろう。


まとめ

様々な要素を1つの数値にすることで、相場の状況を客観的に見ることが出来る。

20以下で買って70~80付近になったら売る。

この数値だけで機械的に売買するだけでも、一定の利益が出るだろう。

懸念としては年に1~2回程度しかその水準の売買チャンスは訪れないので、時間が掛かるということだ。

でも成功率は高いはず。


インデックス投資や投資信託の始めどきで迷ってる人は、参考に出来る指標の1つかと思う。





過去にこんな記事も書いてます。

相場の状況なんて確認せずに手堅く増やすなら、バランス型投資信託がオススメです。
www.pucchix3.com

Fear & Greed指数とSPXLは相性がいいと考えています。
活用すれば効率的な中期投資が可能かも。
www.pucchix3.com


Instagramのアカウントもやっています↓


www.instagram.com


匿名人気投票です⇩
ポチッとして頂けると、読んでもらえたってなって僕が嬉しくなります。

にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村 株ブログ 積立投資へ